東京都行政書士会のBCPセミナーで事例発表を担当

2月19日(木)に、東京都行政書士会による中小企業向けBCPセミナーが開催されました。
 
前半は大学教授によるBCM(事業継続マネジメント)に関する講演でした。先日、中小企業支援サイトに載せたBCPの解説とけっこう重複する部分もあり、私もそれなりに成長したのかなと感じました。
 
そして後半には、BCP策定支援のモデル企業を引き受けてくださった、株式会社ハンドメディスン(三鷹太子堂鍼灸接骨院)の代表をお招きしてのパネルディスカッションがありました。
 
私はその前座として、BCPの策定を進めていった際の様子を解説をさせていただきました。どちらかというと、行政書士向けの内容だったのではないでしょうか。
 


また、今回のセミナーで配布するパンフレットの作成も担当いたしました。危機管理産業展2014で配ったものを基に、被害想定を地震から大雪に変更したものです。
 


最も苦労した点は、雪の結晶の描画でしょうか……。
 
まあ、そんな感じで、BCP研究会への参加によって、いろいろと貴重な経験をさせてもらっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です