東京会会員に配布したBCPパンフを作成しました

2013年の秋に始まったBCP研究会の活動も、年度末で一区切りとなりました。
 
昨年の11月と今年の2月と、中小企業向けに2回のセミナーを実施しました。どちらもそこそこの集客があり、「BCPの策定支援に行政書士」というイメージ作りの第一歩にはなったのかなと感じています。また、私が関わらせてもらった案件も含めて、2件の策定支援を研究会で実施しました。
 
それだけでも期間を通じての研究結果として十分だったようですが、「形に残る成果を」ということで、東京会の会員にパンフレットを配布することになりました。
 
ただ、初回のセミナーで配布した「大震災版」は次回の案内も兼ねていたので、もう使えません。また、2回目に配布したものは「大雪版」だったので、季節が限定されてしまいます。
 
そこで、「統合版」として新しいものを作ることになりました。
 


フォントが「ヒラギノ角ゴシック」から「メイリオ」になっています。まあ、文章にも少し手を加えているのですが。
 
裏面には名刺を貼れるようにしておいたので、これを持って商工会議所にでも行ってみようかなと考えています。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です