行政書士向けの医薬品医療機器等法の研修に参加する

東京都行政書士会の研修で、医薬品医療機器等法の講義を聴いてきました。
 


いわゆる「薬事法」というやつでしょうか。私の中では医療法人関連の業務と同じ扱いで、「問い合わせがあったら専門家を紹介」と割り切っている分野です。ただ、やはり概要は知っておきたかったので、撮影の担当を買って出ることにしました。
 
「中級業務研修」という位置づけではありますが、薬事法関連については初級業務研修がないこともあって、受講生の中には前提知識のない人もけっこうな割合でいたようです。まあ、私もその中の一人に入っているのですが。
 
そのようなわけで、講師もかなり進めにくそうでした。QMS(品質管理システム)の概要なども解説してくださったのですが、受講生のほとんどはついていけていなかったような気がします。まあ、私もその中の一人に入っているのですが。
 
ただ、医薬品や医療機器に関する許認可は多いようで、行政書士が開拓していくべき分野だとは感じました。優秀な人たちにがんばってもらいたいところです。まあ、私はその中の一人に入っていないのですが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です