介護タクシーの研修を撮影しつつ受講してきました

東京都行政書士会の中級業務研修を撮影してきました。テーマは「介護タクシーについて」です。
 
少し興味のある分野ではあったのですが、これまで学習したことはありませんでした。東京会の研修として開催されるのも、私の知る限りでは初めてです。
 
受講する前になんとなく抱いていたのは、ヘルパーや社会福祉士などの資格を持っている人が必要なのではないかというイメージでした。また、「タクシー」というくらいなので、2種免許も必要だと思っていました。
 
しかし、条件次第では普通自動車の免許だけでも開業できるようです。そのため、一時は「脱サラして介護タクシーを個人開業」みたいな情報もわりと多かったのだとか。しかし、よくよく聞いてみると、そんなに甘い業界ではないようでした。
 


そのような感じで、業界の情報や開業までに苦労した事例などについて、いろいろと興味深い話を聴くことができました。手引きについては、行政書士なら読めばわかるだろうということで。
 
これから業務として扱おうとしている人にとっては、なかなか役立つ内容だったのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です