はちナポや桑の創輝のような新・八王子名物を考える

ふとしたきっかけで八王子名物について考えてみました。
 
八王子といえば、やはり高尾山でしょうか。ミシュランガイドで紹介されてからこっち、外国人観光客だけでなく近郊に住む人たちの訪問も激増しているようです。やはり「東京から1時間ほどで登れる山」というのがよいのでしょうか。まあ、高尾も東京なのですが。
 
最近では、八王子ラーメンから派生した「八王子ナポリタン」をよく見るようになりました。また、桑の葉で青汁やお茶を作っている人たちもいます。古本まつりでは隣のテントでお茶を飲みながら休める場所を提供されていて、私も何杯かごちそうになりました。
 
そんな中、私も地元を愛する人間として新しい八王子名物を生み出せないものかと悩み、高尾山の天狗をヒントに、女性に人気の出そうなスイーツを考案してみました。
 


天狗の持っているうちわの形をした「天狗うちわ饅頭」です。カステラ生地を天狗のうちわ型にして、中にあんこの入った和菓子を出せば……話題独占となるのではないでしょうか、ある意味。
 
ただ、私は飲食関係にあまり詳しくないので、今のところは『相続川柳』で攻めてみようかなと考えています。
 




写真集『八王子市の昭和』と一緒に買えば、ちょうど1万円ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です