facebookに『相続川柳』の広告を出してみる

ネットの広告を試してみました。今回の目的は、「『相続川柳(遺言編)』くまざわ書店で販売開始」の宣伝です。
 
※ちなみに、この記事は広告を出した直後である6月5日の朝に予約投稿したものなので、公開されたときにどのような状況になっているのか不明なまま書いています。
 
最初はグーグル先生の「アドワーズ」というやつを利用しようとしたのですが、個別の記事を宣伝する方法がよくわからなかったので中止。
 
そんなことをしているうちに、facebookで「この記事の広告を出しませんか?」みたいな表示をよく見かけることを思い出しました。
 
事務所のfacebookページに引っ張ってあった記事を確認してみると、「投稿の広告を出す」というボタンが付いています。これまでは恐くて押せなかったのですが、ちょっと冒険してみることに。
 


対象エリアや年齢も設定してみました。
 
投入金額によって「推定リーチ」が上下するようです。ただ、この「リーチ」というのがよくわかりません。以前からfacebookページの投稿に表示されるのですが、「リーチ100人」とかであっても、リンクしている投稿の閲覧数にはあまり影響がないようです。他人の画面に表示された回数なのでしょうか。
 
今回は、とりあえず2日間だけ試してみることにしました。金額は合計で1,300円です。『相続川柳』の販売で元を取るのは難しそうですが、話のネタにはなるかなと。
 
正直、facebookの広告は目障りだと感じることも多いのですけれど……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です