金融機関の判断事例集を読んで融資申請支援の研究を

メガバンクで中小零細企業を担当している方の書いた「融資判断事例集」を読んでみました。
 

 
融資の申込に対して金融機関がどんな点に注目して判断しているのかを知っておけば、中小企業の支援をするときの参考になるかなと思いまして。
 
この本を読んで感じたのは、「メガバンクも意外と情で動いているんだな」ということです。もちろん、返してくれそうもない相手には貸さないのでしょうが、単純に数字だけを見ているわけでもないようです。
 
また、借入だけでなく、売上の入金や給与の支払いといった日ごろからのお付き合いも、けっこう重視されていることがわかりました。私も地元の信用金庫をもっと積極的に活用したほうがよいのかもしれません。まあ、売上が入ってこないことには始まらないのですが……。
 


それはともかく、事例の大半は「融資によって事業者がなんとか窮地を乗り切る」というものでしたが、そこで終わっている話ばかりだったので、「その後」がとても気になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です