【四半期報告2015夏】先が見えるのはまだ先か

今年も半年経過です。
 


行政書士としての仕事は、あいかわらず少ないです。いくつかの案件が進んではいるのですが、この3か月で終了まで行ったのは車庫証明の1件だけでした。
 
3か月前の投稿に書いた「新しい話がいくつか」については、2件が保留になっています。ほかにもあったような気がするのですが、思い出せませんでした。
 
4月からはISO9001の研修を受け始めました。こちらも仕事になるのはまだまだ先の話になりそうです。でも、いろいろと勉強にはなりますね。
 
5月の思い出は、『相続川柳』の小冊子化でしょうか。6月からはくまざわ書店にも置いてもらっています。まだあまり売れていないようですが……。
 
あと、東京会の研修センター委員ではなくなりました。代わりといってはなんですが、今は八王子支部の研修部員として動いています。
 
6月の半ばには、このブログの投稿数も1,000本の大台に乗りました。尊敬するホームラン王の本数よりも多くなってしまったわけですが、こちらが積み重ねてきたのは安打ですらないので、たいした価値はないのかなと思っています。
 
そんなわけで、次の3か月こそ結果を出したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です