社労士業務を追加するにあたり行政書士業務を見直す

社労士業務について考えているうちに、行政書士業務についても考えるようになりました。
 


開業してしばらくは、「業種を絞って専門的にやっていくよりも、幅広い分野を扱うほうが自分には向いているのでは」などと考えていました。まあ、実際には仕事の種類以前に件数自体が少ないまま現在に至るのですが……。
 
それはともかく、「なんでもかんでも」というのはさすがに厳しいことに気づきまして、事務所を借りたころからは、ある程度の守備範囲を意識して営業しているつもりです。3年ほど前に書いた「専門店と定食屋」という投稿は、いま考えると甘かったですね。
 
そして、今後は社労士業務の追加も考えておりますので、さらに業務を絞り込んでいく必要がありそうです。やはり行政書士業務についても、社会保険とからめやすい中小企業支援系のものを残すべきなのでしょうか。わたくし認定支援機関でもありますし。
 
そんなわけで、これまで力を入れてきた遺言相続などについては、消極的な取り扱いになりそうな気がする今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です