社労士として初めて受けた研修は「給与計算」でした

東京都社労士会主催の研修を受けてきました。
 


登録時のオリエンテーションみたいなものを除くと、社労士としては初めての研修となります。毎月、一つのテーマで実務研修を行っているようで、今月は「給与計算」の回でした。試験勉強だけではわからない分野なので、御茶ノ水まで行って説明を聞いてみることに。
 
ソフトを使えば自動的に計算してくれる部分が大半のようですが、理屈をわかっていないと設定の段階で間違えてしまいますので、けっこう神経を使いそうです。初めのうちは、作業に時間がかかるのではないでしょうか。
 
後半は初級者向けの開業講座でした。テーマは「営業」でしたが、内容はHPやSNSの活用法が中心でしたので、とくに新しい情報はなかったかなと。
 
講義の後はテーブルを囲んで座談会形式になり、そこで開業時期の近い人たちと情報交換ができました。考えてみると、行政書士には「同期」みたいな人がいないので、ちょっと寂しい気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です