Kindleで人事系の本を何冊か読んでみたものの

人事系の本を何冊か読んでみました。
 

 

1.小さな会社は人事評価制度で人を育てなさい!

経営理念と整合した人事評価が大切であり、賃金への反映が第一の目的ではないとのことです。納得できる部分が多かったものの、有効な制度を構築して組織に根付かせるのは、なかなか大変そうだなと感じました。
 

2.優良企業の人事・労務管理

労働法の解説が多く、就業規則の参考になりました。「通勤時間が短い人ほど疲れが少なくて仕事に集中できる」みたいな話がありましたが、八王子市民としては複雑なところです。
 

3.「辞めさせない」マネジメント

若手とのコミュニケーションと行動科学のお話だった気がします。なぜかKindleの「メモ」と「ハイライト」が消えてしまったので、ポイントを忘れてしまいました。
 

4.「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト

人材育成の大変さが伝わってきました。工場でみかんを箱詰めしているわけではないですからね。
 


まとめ

Kindleを買ってから読書の量は増えましたが、内容があまり頭に残らなくなったような気がします。個人の資質の問題でしょうか……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です