知財戦略の本を読み製造業支援に不足する資源を知る

知財関連の本を読んでみました。「中小企業の」というタイトルに釣られましたね。
 

 
著者は弁理士さんのようで、知的財産権の中でも、特許権の話が中心になっています。特許ですから、事例企業はほぼ(全部?)製造業でした。
 
知財関連に人員を割けない小規模の事業者が、知的財産に対して高い意識を持っていることはまれなようで、弁理士さんとしては、そのあたりを何とかしたいと思っているのではないかと感じました。なんとなく、そんな雰囲気が伝わってきます。
 
「特許取得のために技術を公開するか、それとも企業秘密として守るか」といった論点などはよく見かけるのですが、いろいろな角度から検討して判断しなければならないポイントでしょうから、かなり専門的な知識が必要になりそうです。
 
ものづくり補助金などで製造業者と関わる機会も増えてきましたので、何かあったときに相談できる弁理士さんを探しておいたほうがよいのではないかと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です