平成28年版ものづくり補助金の公募が始まりました

平成27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金(ものづくり補助金)の公募が始まりました。
 


2月5日(金)の発表と同時に公募開始で、締切は4月13日(水)当日消印有効です。昨年までの公募要領を参考にして、すでに申請の準備を着々と進めていた業者さんも多いのではないでしょうか。
 
昨年に引き続き、主にサービス業を対象にした「革新的サービス」と、製造業を対象にした「ものづくり技術」の2類型が用意されています。そして、それぞれに「一般型」「小規模型」「高度生産性向上型」の3タイプがあるようです(いずれも補助率は2/3)。
 
一般型は補助上限額1,000万円で、設備投資が必要となります。原材料費や外注加工費など、新商品の開発にかかる経費は対象外なので、高額な機械の導入が計画の中心となりそうです。
 
小規模型は補助上限額500万円、設備投資は任意です。こちらは原材料費や外注加工費なども対象経費となっていますので、開発メインで設備投資が比較的少額な企業が対象のようです。
 
そして、今回の目玉である高度生産性向上型は、補助上限額が3,000万円で、「IoT等を用いた設備投資」が条件となっています。以前から「IoT(Internet of Things)は3,000万円」といわれていたものですが、条件次第では「最新モデル」の設備も含まれるようです。
 
このような感じです。私も認定支援機関として、補助金申請をきっかけに経営改善を目指す中小企業のお手伝いができたらと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です