ものづくり補助金を意識してIoTと3D技術の本を

ものづくり補助金の公募を受けて、IoTと3D技術に関する本を読んでみました。
 

 

1.IoTは日本企業への警告である

もの補助でIoTが特別扱いされているのは、国が普及に力を入れているからでしょう。もう少ししたら「クラウド」くらいの認知度にはなるのかなと感じております。
 
様々な機器がインターネットにつながってデータが収集されるようになると、その情報を保護するセキュリティも進化させなければならないわけで、日本にとってもそのあたりが脅威であると同時に機会でもある……みたいなことが書かれていた気がします。
 

2.製造業の3Dテクノロジー活用戦略

3次元CADの難点は、データ量が膨大であることと、ソフトによってデータの形式が異なってしまうことなのだそうです。そのデータを超軽量化して汎用的にもできるのがXVLという技術なのだとか。PDFみたいなイメージでしょうか。
 
あと、日本の製造業の強みは「すり合わせ」にあるそうです。たしかに、オートバイのパーツを下手なものに取り替えると、かえってメーカー純正より性能が悪くなることもよくあります。
 
そのへんについても、勉強してみようと思いました、愛読書の新シリーズも出ていたようですし。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です