3月に読んだ本の紹介:わりと幅広く

3月に読んだ本の紹介です。外国人関係やハラスメントといった、旬のテーマには今月も触れていました。他には、ひさびさに会計の入門書やセミナー講師の参考書など。なんとなく目に付いた本を手に取って読んでいる感じです。

 

ひさびさに岐阜へ。

行政書士関連

なぜ今、外国人労働者なのか

Kindleの読み放題で。特定技能が始まる前に書かれた本みたいですね。当時を思い出す資料として割り切れば……。

社労士関連

ビジネスガイド 2020年04月号

特集1は「法改正と実務への影響」でした。まだ先のものもありますが、概要くらいは押さえておきたいところです。
 賃金等請求権の消滅時効の改正も、気づいたらもうすぐなんですね。弁護士界隈で「まずは電話で確認してください」みたいなラジオCMが盛んになるのでしょうか……。社労士としては、しっかり残業代を払ってもらうように助言していくのが本筋ですかね。
 しかし、「年次有給休暇の請求権は2年のまま」というのは、言われるまで特に意識していませんでした。これも5年まで延びたら、「有休100日残ってるよー」みたいな人も出てくるのかと思うと恐ろしいです(時季指定して消化させる義務ありますけど)。

ハラスメントの境界線

昨年10月に途中まで読んで、なぜかそのまま忘れていました(Kindleのライブラリに埋もれていました)。
 前半は「ハイライト」にしている部分もそこそこあったようですが、時間をおいて後半に進んでみたところ、なんとなく読みづらかったです。筆者の思い入れが強すぎるように感じてしまったのかもしれません。

外国人雇用 書式・手続マニュアル

出版社の主催するセミナーに参加して入手。技能実習・特定技能を中心に、外国人雇用の際に注意すべき点や必要となる手続きについて解説されています。「最初から最後まで通して読む本」というより、「手元に置いておいて調べごとがあったら開く本」なのではないでしょうか。
 そんなわけで、私もまだ部分的にしか読んでいません。

ざっと見ただけでも細かい突っ込みどころはちょこちょこあるのですが、「これだけの情報をよくまとめましたな」と感心……というか圧倒されますね。

中小企業診断士関連

経理以外の人のための 日本一やさしくて使える会計の本

Kindle読み放題で。「日本一」とうたわれているので、どれだけわかりやすいのだろうかと思って読んでみることに。

わたくし一応、中小企業診断士の試験(電卓なしで会計の問題解くやつ)は突破しておりますし、建設業経理士とはいえ1級を持っているわけですが、正直、「やさしい(易しい)」とは感じませんでした。勉強できる塾講師が、「これくらい感覚でわかるでしょ?」みたいな説明をして生徒を置いてけぼりにしていくようなイメージですかね……。
 ただ、Amazonのレビューは高評価なので、「やさしくて使える」と感じる人も多いのでしょう。読みながら「星2つくらいかな」と思っていたのですが、あとがきの人情話に同情してしまったのでレビューへの書き込みは控えておきます。

ビジネス思考法使いこなしブック

再読です。前に読んだのは2013年9月でした。認定支援機関の理論研修が始まる直前ですね。当時、フレームワークの入門書を探しているうちに見つけたようです。

ビジネス思考の入門書を読む

2013-09-13

あれから6年半ほど経ち、認定支援機関だけでなく中小企業診断士にもなれました。ロジカル・シンキングやクリティカル・シンキングのことも多少は学んだので少しはマシになっているような気もしますが、どれだけ成長しているのかは疑問を感じるところです。
 とりあえず、「ウミガメのスープ」の問題は今回も解けませんでした(完全に忘れていた)。

それはともかく、「フレームワークやロジカル・シンキングに興味を持っているけれど、何から読んだらよいかわからない」という人には、やはりお薦めの一冊です。

その他

稼げる講師、稼げない講師どこが違うか

本屋さんで見かけて購入。そりゃあ、稼げるようにはなりたいですよね。
 講師を目指している人などを対象に書かれているようですが、私のように「講師としてもっと上を目指したい」と考えている人にとっても、参考になるのではないでしょうか。いろいろメモを取ったので、次からの研修に取り入れていこうと思います。

「稼げない講師」の事例でも「悪くないんじゃないかな」と思う部分がいくつかありましたが、そのへんは自分で判断すればよろしいかと。まあ、全部を「稼げる/稼げない」で切り分けるのはなかなか難しいものがありますよね。

まとめ

計7冊でした。電車に乗っている時間もそこそこあったのですが、あまり進みませんでしたね。花粉の影響ではないかと考えております。新型コロナの影響で仕事のキャンセルなどもあり、時間に余裕があるときこそインプットを積極的に……とか思っているだけで特に動かないのはいつもどおりです。