12月に読んだ本の紹介:動画配信に興味を

12月に読んだ本の紹介です。専門書は社労士系の1冊のみでした。ただ、これはかなり勉強になりましたね。他には、これからの時代を見据えて動画配信の参考になりそうな本を2冊ほど。来年、いろいろと動いてみようと考えております。

 

本格的に寒くなってきましたね。
ロケ地:大鳥神社(八王子市)

行政書士関連

なし

社労士関連

開業社会保険労務士専門誌 SR 第60号

11月中に読めませんでした……
 特集1は「オンライン時代対応の実務」でした。お客さんのテレワーク環境整備みたいな話ではなく、社労士事務所としてのオンライン化が中心でしたかね。
 これだけあおられると、ZOOMやYouTubeといった動画配信系の情報も多少は仕入れていかないと、時代に取り残されてしまいそうな感じがしてきますね。まったくできないわけではないものの、積極的に活用しているほうでもないので、来年はちょっと力を入れてみようかと思っております。

ビジネスガイド 2020年01月号

特集1は「コロナ禍の特例を「元に戻す」際の法的留意点」でした。たしかに、テレワークに慣れた従業員に対して「また出社しろ」となると、いろいろ問題が出てくることもありそうです。まあ、私のお客さんでテレワークを実施した人はいないのですが……

あと、会社サイトの労働法図解で「退職」の項目を書いているときだったので、「高年齢者就業確保措置」の説明がありがたかったですね。まあ、今月号を読む前に4月号(法改正と実務への影響)を読み直したのですが……。

労働法トークライブ

労働法図解の参考になりそうな本を読んでみることに。
 労働法を研究する大学教授2人が、労働関係の諸問題について語り合っていく感じです。口調は柔らかめですが、大学の先生だけあって、なかなか深い話になっていきますね。いろいろ考えさせられました。
 Amazonの商品説明には「学生の皆さんも社会人の皆さんも」とありますが、読み手はかなり限定されると思われます。私も社労士なりたてのころだったら、楽しめなかったかもしれません。

そんなわけで、多少なりとも労働法の勉強をしたことがある人には、かなりお薦めの一冊です。

中小企業診断士関連

なし

その他

企業のための新型コロナウイルス対策マニュアル

BCPについても触れられているようでしたので、読んでみることにしました。
 出版は5月下旬とのことで、新型コロナウイルスに関する情報は古さを感じるものもありましたが、「感染症対策」の参考書としては、有益なのではないでしょうか。BCPの情報は、オマケ程度ですかね……。

スペースキーで見た目を整えるのはやめなさい ~8割の社会人が見落とす資料作成のキホン

題名に興味を持ちまして。
 「洗練されていて読みやすい資料の作り方」みたいな内容を期待していたのですが、WordとExcelの使い方が中心でした。「おわりに」によると、「これらのキホンを知らないで作成している資料は恥ずかしい資料ですよ!」という「『最低限』のスキル」を伝えたかったそうです。ただ、そう考えると、余計な情報が多かったのではないかと。

たしかに、Wordにおける段落の考え方やタブの使い方など、よくわからないまま使っていると、相手によっては「なんじゃこりゃ」となりそうです(私も怪しいところありますが)。あと、Excelのセル結合なんかも代表例でしょうか。
 そういった情報に特化してもう少し具体例を増やしたほうが、「キホン」を伝える本としては適切だったのではないかと。あと、スクリーンショットが「どこの」「どの状態」を指しているのかよくわからないことも多かったです。
 下手に「業務効率化」みたいな話にまで手を出しているため、なんとなくまとまっていない印象を受けました。

ピボットテーブル(これ「キホン」じゃないでしょ)のところにあった「想定問答集」がわかりやすかったので、前半の解説にも活用すればよかったのではないかと……
(余計なお世話

セルフキャスト!: ビジネスを加速させる動画配信

そんなわけで、動画配信の勉強をしてみようと考えまして、まずはKindle読み放題から初めてみることに。やや古い本(2016年3月)ではありますが、なかなか参考になりましたね。
 本書を読んでいるうちに、士業+講師で仕事を続けていくのであれば、今後は動画配信の活用がキモになりそうな気がしてきました。士業の例に「行政書士」も出してくれているのがありがたいですね(社労士・診断士はなかったが)。

「やみくもにアクセス数を稼ぐのではなく、何が目的で動画を配信するのを常に意識したうえで」という部分を覚えておこうと思います。

iPhoneで作ろう ビジネス動画の教科書

こちらも動画配信に備えて。
 「撮影はもちろん、編集だってここまでできるんですよ、iPhoneで」という感じの解説書でした。iPhoneに限らず、動画を撮影するときのヒントが盛りだくさんでしたね。
 まあ、デジカメで撮影してMacで編集することになるとは思いますが……。

まとめ

計7冊でした。「SRの記事を読んだから」というわけではないのですが、来年は動画配信にも手を出してみようかと考えまして、まずは本を読んでみることに。あいかわらず思いつきで動いておりますので、「やっぱり止めました」となるかもしれません。その際はご容赦ください。