2020年振り返り:ご多分に漏れずコロナの影響あり

今年も1年を振り返ってみます。
 

早く苦境を抜けたいですね……


業務

売上高は前年比で25.5%減でした。約3か月分の売上喪失ですかね。4月と5月にほとんどの仕事が蒸発してしまい、その後も苦しい展開が続いています(元請も苦しそうですし)。本の売上に期待していたのですが、こちらも厳しい状況です。

 



法定業務等

行政書士と社労士の比率が近づいてきましたね。ただ、行政書士業務で売上発生が来年にずれ込んでしまったものなどもありますし、「社労士の資格は必要ないけれど社労士系」みたいな仕事も入っているので、このへんは参考程度の数字でしょうか。


その他の業務

福島復興関連の仕事はゼロではなかったものの、年初に少し動いただけでした。4月から始まる予定だった中小機構の仕事も保留になってしまい、診断士としてはあまり活動できない1年でしたね。……と思ったのですが、春にもの補助を1本通していました。採択率100%なのでヨシとしましょう。
 講師の仕事はコロナの影響をモロに受けましたが、売上に占める割合は前年とほぼ同じになりました。まあ、全体的に下がっているわけでして……。
 あとは出版ですかね。2月に井出さんと本を出したのでひさびさに売上が立ったものの、増刷まで届いていないので影響は微々たるものです。


営業・広告


web系

ブログ(このサイト)

この投稿も含めると27本です。去年(21本)より増えていたんですね。本を出したときなどに何本か書いたせいでしょうか。

あと、あいかわらず政連の話がちょこちょこ読まれているようです。


会社のWEBサイト

特定技能関連の記事を2本と労働法図解を5本追加しました。アイコンも新しくしましたし、労働法図解をもう少し増やしていきたいところです。
 

使用者と労働者の意味、労働基準法等の労働法がある理由

アクセスは昨年より増えているようですが、10月ごろから下落傾向ですね。原因はよくわかりません。周りの人たちががんばっているせいでしょうか(投げやり)。

 


SNS

フォロワー数を記録するのも3年目になりましたので、表にしてみました。こんな感じです。

 


昨年の記事を読んだら「Twitterのフォロワー1,000を目指す」と書いてありましたが、まったくもって届きませんでしたね。反省です(改善する気はなし)。一昨年から宣言していたプロフィール写真を夏ごろに撮ってもらったのですが、SNSには流用していません(なんとなく)。


Amazonレビュー

3月から書き始めてみました。営業につながる可能性は低そうですが、勉強の意味も込めて。
 書いても書いてもランキングが上がらなくてやる気を失っていましたが、気づいたらいきなり急上昇していました。謎すぎます。

 


来年は5,000位以内を目指そうかと。


アナログ系

こちらは、例年以上に動けませんでしたね。『相続川柳』を出版したときのように全国書店巡りも考えていたのですが、これも新型コロナの影響で断念です。
 これ「ぴえん」と言ってもよい局面ではないでしょうか(初めて使った)。


業務研究・資格試験

読んだ本は72冊でした。月に6冊ペースですね(12で割れると気持ち良い)。昨年とほぼ同じ数字です。(物理的にも)重い本を何冊か読んだ気がするので、そこそこがんばったのではないでしょうか。
 資格関連はとくに動きなしです。


まとめ

こんな感じですかね。昨年は後半で盛り返したようですが、今年は緊急事態宣言のダメージを引きずったまま終わりそうです。
 あと、第二子出産の影響も大きかったですね。家族が4名となり、ドラクエでいうと「2」(3人パーティー)から「3」(4人パーティー)にレベルアップしたような感じでしょうか。ただ、個人的には2に比べると3の難度は下がっているような気がするので、案外なんとかなるのではないかと思っております。まあ、2はクリアできなかったのですが……

それはともかく、持続化給付金と融資でなんとか資金は確保しましたので、それが底をつく前に次の一手を打ちたいものです。少し前から考えている作戦もあるので、1年後に良い報告ができたらと期待しております。

それでは、みなさまよいお年をお迎えください。